【社員インタビュー】「定期健診の大切さを感じた」家庭での経験があるからこそ本気で伝えられる - Tooth Tooth ®

Tooth Tooth ™

会員特設サイト

お問い合わせ

専用ダイヤル (平日10:00~18:00)
050-8881-1810
MENU

Tooth Tooth ブログ

【社員インタビュー】「定期健診の大切さを感じた」家庭での経験があるからこそ本気で伝えられる

2022年09月15日

吉田さんご経歴

前職で営業を経験後、医療法人スマイルプランに入職。知人の紹介で弊社代表の小柳(以下:小柳さん)と知り合い、2年ほど歯科医院での経験を積む。その後、ToothToothの前身である株式会社AndINNOVATIONへ移動し、現在に至る。

知識ゼロから歯科の世界へ

ー吉田さんの経歴を簡単に教えてください。

前職は営業をしていました。退職した後に、知人の紹介で小柳さんと知り合うことになり、2014年から医療法人スマイルプラン(以下、スマイルプラン)という歯科医院に勤めることになりました。

ー医療関係の方からの紹介ですか?

全くそんなことはないんです。小柳さんの友人から紹介を受けました。

小柳さんがスマイルプランで人事も担当されていて、資格がなくてもできる歯科助手を募集していたので、面接を受けて働くことになりました。

ーどのように歯科の知識をつけましたか?

そこから先輩たちに多くのことを教えていただきました。職人のように現場で見て覚えることも多かったので、メモを取りながら独学で勉強を進めた部分も多いです。

歯と被せ物をくっつける時に接着剤のようなものが必要なのですが、季節によって柔らかさを変えるなど、技術を要するような仕事もありました。そこは数を積み重ねるしかなかったので、練習したところです。

ー歯科助手としては何年程働かれていましたか?

2年くらい歯科助手と受付で電話対応したり、予約を取ったり。

コンシェルジュという名称で、受付で待たれてる患者さんの対応をメインにしてました。初めて来院された方は必ず初診カウンセリングが必要で、そういう方のお話も伺っていました。

ーどういった業務が好きでしたか?

受付がとても楽しかったです。歯科医院に来る方って明るいテンションでくる人ばかりではなくて。最初に言われたのが、受付は来院された方が一番最初に見て話す場所だからどんな人が来ようと温かく迎え入れる人であってほしいということでした。

接遇が大事ではあるんですが「一番は笑顔でおもてなしの心を持って接する」ことだと教えていただき、それを行っているのが自分に合っているなと思っていました。

疲れた”けれど”楽しかった内覧会

↑弊社では内覧会を想定して、毎朝対応を練習しています!(撮影時のみマスクを外しております)

ー次にAndINNOVATIONで働くことになった吉田さんですが、きっかけは?

茨木市が地域のお祭りとして開催している茨木フェスティバルがあるんですが、屋台が出たり子どもが遊べるキッズ職業体験イベントがありました。地域の貢献をするために、スマイルプランは屋台と職業体験どちらも出店されてたんです。

私が入社するもっと前は歯科医院に子どもたちを招待して、実際のチェアを使って模型の歯の詰め物体験などもしていたみたいです。子どもたちからしたら怖いとか痛いことする人みたいな嫌なイメージを持ってるかもしれないけれど「歯医者さんってこういうお仕事だよ」とお伝えするような体験イベントをされていました。

そして、グループ医院のお世話になっていた副院長先生が開業する時に、小柳さんと開業のイベントをお手伝いしに行ったことがあったんですね。

2〜3日くらいのイベントで、グループ医院の理念や院内ツアーで医院の説明をしました。

来院が多くてずーっと喋りっぱなしでしたが、意外と一日早く終わって。疲れたけれど楽しかったなと思いました。

その後、内覧会をする会社の立ち上げを小柳さんが取締役として担当する時にお誘いいただき、2016年にAndINNOVATIONで働くことになりました。

ーAndINNOVATIONで働きはじめた当初、楽しかったことや苦労したことは?

当初は、オフィスではなく歯科医院の2階をお借りしていました。フルオープンな環境だったので、集中して事務作業をするとかはちょっとむずかしい環境だったんですね。会社のことを小柳さんと話すのも、人が少ない時間にまとめてするなど調整していたのが大変でした。事務作業が元々すごく好きで、前職の時から営業よりも事務で作業してるほうがいいなって思って転職してたのもあるので、事務作業することがすごく得意というか、好きでした。

人と話すのが好きというのが嘘じゃないんですよ。どっちもできるっていうのがAndINNOVATIONでよかったなと思う部分です。

いろんな仕事を部署の垣根を超えてできるToohtTooth

↑配信動画の撮影風景。動画1つ用意するにも、弊社ではさまざまな部署と協力しています!

ー今の業務内容を教えてください。

マーケティングオペレーション事業部という部署で、メインは会社の広報活動のためのSNSの運用管理、YouTube配信やセミナーなど、会社や小柳さんの活動について発信していく内容やスケジュール管理。動画配信の中身を考えたり台本の確認をしたり。採用活動のタイミングではイベント出展や面接担当をさせていただいています。どちらかというと裏方の作業が多く、全体的なスケジュール管理をし、問題提起や報告を行うのがメインの業務になってきています。

ー係長となって仕事する上で難しい部分はありますか?

現在は、2人の子育てをメインにしつつもお仕事をさせてもらっている状況なので、時短で働かせてもらっています。勤務時間が短いので、いかに時間内に終えることができるかを毎日考えながらタスク管理をしています。私が夕方に帰るので、フルタイムの人たちのサポートをマックスできているかどうか、悩むことがあります。

あとは仕事と家庭の両立です。状況によってリモートで勤務しますが、目の前にいない人を遠隔で管理するのがすごく難しかったりします。やっぱり一緒に同じ空間で仕事をするのがいいなと思ってるんですが、できない時はよく電話やオンラインでやりとりしてます。顔や動きが見えない分、もどかしいと思う部分もありますね。

ー管理職になって、一緒に仕事をする仲間も増えてどういうところで楽しさを感じていますか?

元々、人と話すのが好きなので、年齢や職種問わず、いろんな人たちが集まってくれてるToothToothでいろんな人と話して、いろんなお仕事を部署関係なく一緒にやったりする時がすごく楽しいなと思います。

ー今後やってみたいことや目標を教えてください。

育休から復帰してまだ1年経っていないんですが、やっと2人の子どもの世話と自分の働く時間っていうのがちょっと分かってきた感じなんです。今は目の前にある仕事を一生懸命こなしているような状況なので、子どもたちの手が離れてきたら違うことにもチャレンジできたらいいなとは思っています。

ーToothToothでの仕事を家庭で活かせていると感じる部分はありますか?

上の子にむし歯ができたんですよ。毎日歯みがきしていても、気付けてなくって。定期健診に行っていたから小さなむし歯に気付いてもらって、治療を受けましたが、めちゃくちゃ大変だったんです。小さいむし歯だからそんなに削らなくてあまり痛くないはずなんですけど、見た目で怖がってしまって、暴れるから時間もかかって。

定期健診に行ってむし歯が小さい状態でよかったなと思うし、むし歯治療でこれだけ大変な思いをするんだったら絶対にむし歯を作らせないとその時強く思いました。子どもも、もう嫌だと思っているし、親側も嫌だと思っているから、歯みがきや仕上げ磨きをすごく頑張るようになりました。今は、またむし歯ゼロになりました。そういう経験をもとに「3か月に一回健診に行った方がいい」とか、むし歯を治療するってとっても大変だとわかっているからこそ、「行った方がいいよ」と熱量のあるメッセージになったりするので、とても活かせています。

ーどのような人と働きたいですか?

歯科業界っていうニッチな世界で働いている私たちが一般の人とお話する時に、当たり前みたいに歯科の専門用語を使っていたら、伝わりづらかったり話を聞いてもらえなかったりすると思います。発信する時にどれだけ相手にわかるように話すかとか、相手の困っていることに答えているかなど、会話のコミュニケーションが取れるかというところは大切です。

そういうことがうまくできる人と一緒に働けたらいいなと思います。

お子さまのむし歯を経験されたからこそ、社員として発信する時の言葉に説得力が増すのだと感じました。採用も担当してくださっているので、弊社や社員に興味をお持ちの方は、ぜひご連絡ください!

ToothToothでは、一緒に働く仲間を募集しています!

会社の雰囲気が気になる方、どのような仕事をしているか気になる方は、お気軽に「話してみたい」からご連絡ください。お待ちしております!

一覧を見る