Tooth Tooth ™

お問い合わせ

専用ダイヤル (平日10:00~18:00)
050-8881-1810

Tooth Tooth ブログ

【 口腔衛生の関係性:酒さ 】

2018年04月13日

 

みなさま、こんにちは!

いつもToothToothのページをご覧いただき、ありがとうございます!

ToothTooth運営チームの金田です(*^^*)

 

私は今となっては歯科に関する仕事をさせて頂いておりますが、この事業部に異動して来る前は全く違うことをやっておりましたので、まだまだ知らないことも山のようにあります。

なので、毎日ニュースなどを見させていただいているのですが、その中でも最近特に気になるのが、口腔環境と口腔内以外のあらゆる病気の関係性のことです。

口腔内をキレイに保つことでさまざまな病気の予防に繋がると思います。

 

今回は、たくさんある病気の中でも『酒さ』に焦点を当ててお話させて頂きます。

『酒さ』とは、中高年に多く見られ、症状が進行すると両頬が赤くなったり、花が赤くでこぼこになる鼻瘤が現れたりします。

重篤な病気ではないのですが、やはり女性は見た目を気にされて皮膚科をあちこち回られるケースが多くなっています。

軟膏や内服薬による治療のほか、美容皮膚科などでは拡張した毛細血管にレーザーを当てる医療も行われているが、これらはあくまで対症療法にすぎないです。

 

原因不明で難治性なのですが、埼玉県さいたま市 すずひろクリニックの院長の鈴木王洋先生は、意外なアプローチによって治療効果を出しているらしいのです!

 

口の中の衛生状態と全身症状の関連に長年注目してきた院長 鈴木先生は

「口腔内の細菌が多くなると、体の免疫系が過剰に反応し、その結果、白血球が過剰に活性化して炎症を引き起こすと考えられます。

口腔ケアを徹底すると皮膚や粘膜などの全身症状が沈静化することを過去20年ほどの臨床経験で実感してきました。

酒さの原因が100%口腔内にあるとは言い切れませんが、歯周病などにより口腔内の衛生状態が悪いままでは治りません。

25歳以上で、頰が赤くなるなどの症状が出始めたら、まず口の中に問題がないか疑ってください。

口の中をきれいにすることで、皮膚科を受診しなくても症状が治るかもしれません。

親知らずの抜歯も重要です。」

とおっしゃられています。

 

口腔ケアは、丁寧に歯を磨くだけでは充分ではありません。

特に酒さの場合は、口腔内の衛生状態をハイレベルに保つ必要があり、少なくとも3ヶ月に1度は歯科医院を受診し、歯石の除去や歯面クリーニングなどを行うことが望ましいとのことです。

ToothToothの動画の中には、上記に書いてあるように3ヶ月に1度の定期検診受診を促すものもご用意しております。

 

 

※本投稿内で再生されている動画には《盗用・転載防止》の為、Toothの透かしロゴが入っておりますが、

ご購入いただくお客様には透かしはございませんのでご安心くださいませ。

また、容量制限の関係で動画全てを掲載することができません。ご了承くださいませ。

 

放映内容としましては、

① 歯科にかかる平均医療費の差と残せる歯の平均本数の差

② 歯が1本以上抜けてブリッジや入れ歯を作ったことがあう患者さんの割合

③ 8020運動

④ 日本人は入れ歯を入れる割合が多い

⑤ 予防・メインテナンスのメリット

以上5点です。

 

こちらを待合室やチェアサイドのモニターを使って配信させていただくことによって、患者さんの口腔環境の改善だけにとどまらず、口腔以外の部分の調子を整えてあげることもできるかと思います。

 

是非たくさんの患者さんに定期検診の大切さを知って頂き、定期的に医院さんに通って頂きたいなと思います(^^)

 

 

ToothTooth運営チーム 金田

一覧を見る